遺言 相続 成年後見 不動産登記 会社登記 見守り契約の相談なら安心して相談できるベテラン女性司法書士の佐井司法書士法人(大阪 北区)

私たちは、安心と信頼の醸成を通じてひとりひとりを尊重する、豊かな社会に貢献します。

トピックス

夏休みのお知らせ(2016)
8月14日(日)~8月16日(火)までお盆休みをいただきます。
ご迷惑をおかけ致しますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。
2016年7月
佐井司法書士事務所の事務所新聞、「テミス通信vol.22」を発行しました。
2016年5月
佐井司法書士事務所の事務所新聞、「テミス通信vol.21」を発行しました。
2016年3月
佐井司法書士事務所の事務所新聞、「テミス通信vol.20」を発行しました。
2016年1月
佐井司法書士事務所の事務所新聞、「テミス通信vol.19」を発行しました。
2015年11月
佐井司法書士事務所の事務所新聞、「テミス通信vol.18」を発行しました。
2015年10月
佐井司法書士事務所の事務所新聞、「テミス通信vol.17」を発行しました。
夏休みのお知らせ(2015)
8月14日(金)~8月16日(日)までお休みです。
ご迷惑をおかけ致しますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。
2015年7月
佐井司法書士事務所の事務所新聞、「テミス通信vol.16」を発行しました。
2015年5月
佐井司法書士事務所の事務所新聞、「テミス通信vol.15」を発行しました。
2015年3月
佐井司法書士事務所の事務所新聞、「テミス通信vol.14」を発行しました。
2015年1月
佐井司法書士事務所の事務所新聞、「テミス通信vol.13」を発行しました。
2014年11月
佐井司法書士事務所の事務所新聞、「テミス通信vol.12」を発行しました。
2014年9月
佐井司法書士事務所の事務所新聞、「テミス通信vol.11」を発行しました。
夏休みのお知らせ(2014)
8月14日(木)~8月15日(金)までお休みです。
ご迷惑をおかけ致しますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。
2014年7月
佐井司法書士事務所の事務所新聞、「テミス通信vol.10」を発行しました。
2014年5月
佐井司法書士事務所の事務所新聞、「テミス通信vol.9」を発行しました。
2014年3月
佐井司法書士事務所の事務所新聞、「テミス通信vol.8」を発行しました。
2014年2月
佐井司法書士事務所の事務所新聞、「テミス通信vol.7」を発行しました。
2014年1月
日本経済新聞夕刊に掲載されました。
2013年11月
佐井司法書士事務所の事務所新聞、「テミス通信vol.6」を発行しました。
2013年9月
佐井司法書士事務所の事務所新聞、「テミス通信vol.5」を発行しました。
2013年9月
9月19日(木)大阪府中小企業家同友会様中之島支部9月例会に、代表の佐井が報告をします。詳しくは、こちらのチラシをご覧下さい。ご興味のある方は、是非ご参加ください。
2013年8月
夏休み相談会を開催します。遺言・相続・成年後見・その他の事、是非ご相談下さい。※予約制です※ご予約・お問い合わせフォームはこちら
2013年7月
佐井司法書士事務所の事務所新聞、「テミス通信vol.4」を発行しました。
2013年7月
信託していた不動産を売買することになり、信託を合意により終了させて、当初委託者から通常の売買を行いました。受託者名義から、先ず、所有権移転及び信託登記抹消登記を行いますが、その登録免許税は、信託の抹消が1筆1000円、所有権移転については非課税となります。
2013年7月
兄弟会社の関係にある会社の合併手続きをしました。株式の発行はなく、資本の額も変動ありません。
2013年7月
2013年度路線価格図公開
2013年度中に行う贈与や相続は、この価格で計算します。
2013年6月
信託受益権を売買するに伴い、不動産の信託目録にある受益者の変更登記を申請しました。不動産の売買と実質変わりませんが、その登録免許税は1筆1000円と低額です。
2013年5月27日
公職選挙法改正により成年被後見人に投票権が復活。
2013年5月
未成年の子と親が共同相続人となるため、遺産分割協議をするため、家庭裁判所に特別代理人の選任申立を作成しました。法定相続分通りでない遺産分割を行うには、合理的な理由を書面にして、裁判官を説得する必要があります。
2013年5月
佐井司法書士事務所の事務所新聞、「テミス通信vol.3」を発行しました。
2013年4月
その他利益剰余金を資本に組入れを行いました。平成21年4月1日施行の改正会社法計算規則で復活した「利益の資本組入」です。一株当たりの純資産額が大きくなるので、株を譲渡しやすいように、同時に株式の無償割当も行います。
2013年4月
一般社団法人を設立。共益事業と収益事業の混合型で、法律上の社員である正会員の他に準会員を設けました。
2013年4月
オンライン申請による登録免許税減税措置が廃止となりました。
2013年3月
公益財団法人大阪コミュニティ財団の2012年度助成事業発表会に参加しました。
2013年3月
2月に有限会社から株式会社に変更した会社を存続会社とする合併手続きを行いました。
2013年3月
佐井司法書士事務所の、公益財団法人大阪コミュニティ財団に設立した「えがお基金」の2013年度の助成先がNPO法人生活相談サポートセンターに決まりました。障害者施設等への訪問演奏会のための楽器購入(アフリカドラム)資金となります。
2013年3月
佐井司法書士事務所の事務所新聞、「テミス通信vol.2」を発行しました。
2013年2月
有限会社を商号変更して株式会社とする、設立登記を申請しました。この機会に、商号や目的、役員などの変更を合わせて申請しても、登録免許税は別に課税されません。
2013年2月20日
3月3日(日)2時~、【遺言】と【エンディングノート】についてのセミナーを佐井が行います。詳しくは、下部の「セミナー・相談会のご案内」をご覧下さい。(募集締め切り:2月27日まで)
2013年1月
倉庫内の商品を譲渡担保にとる動産譲渡登記の申請をしました。とても珍しい登記です。
2013年1月
佐井司法書士事務所の事務所新聞、「テミス通信」を発行しました。
明けましておめでとうございます。
新年は1月7日(月)より平常通り執務いたします。
本年もよろしくお願いいたします。
   (所員一同)
2012年12月
株券を発行する定めを設定し、株券を1枚発行しました。不発行が原則となっている今、珍しいです。
2012年10月
平成2年法律第64号付則第6号第1項により、みなし解散した会社を消滅会社とする合併手続きを行いました。とても珍しいケースで、二度と経験できないのではないかと思っています。
2012年10月
抵当権者から所有者の相続人に代わってする、相続登記を申請しました。この場合は、法定相続分で登記します。
2012年10月
債権譲渡登記の申請をしました。集合債権を譲渡担保にするもので、申請が増えてきています。
2012年8月
大正2年に登記された休眠抵当権の抹消手続を行いました。
債権者に郵便で通知をしても連絡がとれなかった場合に限りますが、大正2年に390円を借りて、債務者が一度も弁済しなかったとして、元金・利息・遅延損害金の合計金額を計算すると、約2700円となりました。その全額を供託して、抵当権抹消登記を所有者単独で行うことができました。
2012年8月
商法時代の種類株式発行会社。優先配当の設計を変更する機会に、定款規定の見直しを行うにあたっては、通常の株主総会決議の他に種類株主総会決議が省略できません。当該種類株主全員の同意が必要な変更も行うことができました。会社ご担当者の尽力なくしては完成できませんでした。
2012年8月
受益者に相続が発生し、遺産分割協議の結果一人の相続人が受益権を相続することとなりました。信託の変更登記は、受託者からの単独申請ですが、戸籍や遺産分割協議書など、相続登記と同じだけの書類を揃えることになりました。
2012年8月
委託者兼受益者3名、受益者代理人を定めるという信託登記を申請しました。受託者は受益者代理人からの指図があれば信託事務を行うことができます。
2012年8月
最高裁判所まで遺言の無効を争った裁判が確定し、所有権抹消登記を申請しました。処分禁止の仮処分後に入った差押登記の抹消に任意で応じてもらえなかったので、内容証明郵便による通知をして、仮処分権者から差押えの抹消登記をすることになりました。
2012年7月
抵当権者から、債務者の弁済が滞ったためにする競売申立を前提として、所有者相続発生による相続登記を代位で行いました。
2012年6月
信託には色々な目的があります。今回は、遠方の不動産を相続した委託者兼受益者が、当該不動産の借家人や隣地所有者との対応を信託会社に委ねることを目的とした不動産管理信託契約です。
2012年6月
公正証書遺言により遺言執行者に指定されていました件。相続が発生して、金融機関・証券会社の手続きを相続人に代わって行いました。不動産についても遺言執行を行うところでしたが、遺言作成後、受贈者と養子縁組されていましたので、今回は、不動産登記に関しては、執行者の出番はありませんでした。
2012年6月
どちらに本店を置くか、どの商号とするか、最後まで悩んだ会社の設立登記を申請しました。最終的には、ぱっと聞いただけで、どういう会社なのかが分かる良い商号となったと思います。本店候補地が区を違えて何カ所かありましても、それぞれの場所の類似商号を確認いたしますし、特別に費用を追加することもありませんので、ご心配なく仰って下さい。
2012年5月
介護関係の会社設立や事業目的変更のご依頼が続いています。介護事業の場合、許認可に関係しますので、もれなく、そして法律の規定を確認しながら目的を相談しています。
2012年5月
特定非営利活動法人(NPO法人)の役員変更・資産総額の変更・主たる事務所移転の登記を申請しました。全国組織のNPOですので、主務官庁は総務省となりました。
2012年5月
お隣同士の不動産売買をご依頼いただきました。こういった場合、売買契約書の作成、手付金の授受、最終決済まで立ち会って申請します。売主様・買主様、中立の立場でアドバイスさせていただきました。
2012年5月
遺言による相続登記に対して、遺留分を侵害されたとして、他の共同相続人から遺留分減殺請求に基づく所有権一部移転登記を申請しました。これは、裁判上の和解によるものです。
2012年4月
新株予約権の行使による変更登記を申請しました。自己株式を保有している会社の場合、発行済株式数に変更は生じません。
2012年4月
根抵当権者から単独でする根抵当権確定登記を申請しました。これによって、債権譲渡と共に根抵当権を移転することができるようになります。
2012年4月
相続放棄によって相続人の存在しない被相続人につき、相続財産法人の登記をしました。相続財産管理人からの申請となります。
2012年4月1日
改正森林法及び同法施行規則が施行。 改正後、新たに森林を所有した者については、自治体への届出が必要となり、届出をしない者については、10万円以下の過料が課されることとなりました。
2012年4月
株式交換により、完全親子会社の関係が誕生しました。今回は、資本金・資本準備金は変更しないで、その他資本剰余金に組み入れています。効力発生日である4月1日は日曜日。改正により、登記は効力要件ではなくなっているので、以前のように法務局の閉庁を気にしなくてよくなりました。
2012年4月1日
特定非営利活動促進法・同施行令の一部改正が施行。
今後は、代表理事のみ登記簿に載ります。現在登記されている「理事」についても変更登記が必要です。
2012年3月
株式交換により、完全親子会社の関係となりました。完全親会社の資本金や資本準備金を増加しています。
2012年3月
えがお基金(財団法人 大阪コミュニティ財団内)の助成先が決まりました。佐井は、3月28日、2011年度 助成事業成果発表会に出席しました。
2012年3月
閉鎖会社の種類株式の発行および発行授権枠の変更登記を申請。普通株主総会特別決議の他に種類株主総会の決議が必要です。
2012年2月
商品供給元と供給先との間で、供給先の有する売掛金債権を譲渡担保とする債権譲渡登記を申請しました。
2012年1月
江戸時代に建てられた古民家を、信託を使って再生・活用する事業に登記の面で参加しました。
平成23年度(2011年度)の業務は、12月28日(水)をもって終了させて いただきます。
新年は、1月5日(木)より平常通り業務を開始させていただきます。
平成23年12月14日
下記資本の額の変更と、第三者割当による募集株式の発行を合わせて行いました。
平成23年12月14日
その他資本剰余金の資本組み入れによる資本の額変更。合併などでその他資本剰余金を積んでいる場合、新しい資金なしに増資ができます。
平成23年12月13日
農地の取得時効による所有権移転登記を申請。どれだけ、事実を積み重ねて登記原因証明情報を作成するかが、登記だけに留まらず、後々効いてきます。
平成23年12月7日
医療法人を設立。
平成23年10月26日
失踪宣告を受けて、相続による所有権移転登記を申請。
平成23年10月11日
限定承認相続と相続人による代価弁済の登記を申請。限定承認相続は大変、珍しいです。
平成23年10月6日
戦後まもなくの取得時効による所有権移転登記を申請。
平成23年10月6日
譲渡担保による債権譲渡の登記を申請。
平成23年9月
ホームページリニューアルしました。
平成23年8月
マンション管理組合法人の役員変更登記を申請しました。
平成23年8月
譲渡担保の目的で債権譲渡の登記を申請しました。
平成23年7月
自筆証書遺言の検認手続き申立書作成しました。
平成23年7月
遺留分放棄許可申立書作成しました。
平成23年7月
未成年者特別代理人選任申立書作成しました。
平成23年7月
相続分譲渡による登記を申請しました。
平成23年7月
大正の頃から設定されたままとなっている抵当権を、弁済供託による抵当権抹消の方法で登記しました。
平成23年7月1日
租税特別措置法第により、平成23年7月1日から平成24年3月31日までの間に、オンライン申請で以下の登記を申請した場合、登録免許税額から100分の10に相当する額(4,000円を限度とする。)が控除されます。
(1)不動産登記のうち、所有権の保存及び移転登記並びに(根)抵当権設定登記。
(2)株式会社、合同会社、合資会社等の設立登記。
平成23年6月
NPO法人の解散・清算結了登記を申請しました。
平成23年6月11日
読売新聞に佐井司法書士事務所が取り組む「見守り契約」について掲載されました。
平成23年4月7日
読売新聞から「おひとり様の見守り契約」について取材を受けました。
平成23年3月
佐井司法書士事務所は、お年寄りや青少年のための施設や病院、あるいはボランティアの方々の支援を目的とする「えがお基金」を公益財団法人大阪コミュニティ財団に設立しました。
平成23年1月
時効を原因として、所有権移転登記を申請しました。
平成22年10月
大阪市の淀川区東部地域包括支援センターで遺言の書き方セミナーの講師をしました。
平成22年6月
NPO法人設立しました。
平成22年5月
佐井が、ブログを始めました。
平成22年2月
合併に備え、特例有限会社を株式会社に商号変更しました。
平成21年11月
読売新聞広告サイト マイベストプロ大阪に参加し、コラムを書き始めました。
平成21年 6月18日
改正貸金業法完全施行
平成21年6月
戸籍法施行規則等の一部を改正する省令施行 戸籍の保存期間が80年から150年に延長されました。
平成22年 3月
不動産信託 「寝屋川 古民家再生事業」に司法書士の立場から参加させていただきました。
平成21年 12月
改正割賦販売法施行・ 改正特定商取引法施行
平成21年 11月
自己株式の消却をしました。
平成21年 10月
資本準備金を取り崩し、ミニ公開買い付けによる自己株取得をしました。
平成21年 9月
総合紛争解決センター 公益認定を受ける。
平成21年 8月
有限責任事業組合(LLP)の解散登記しました。
平成21年 7月
ボランティア団体を一般社団法人として設立登記をする。
平成21年 6月
有限責任中間法人を一般社団法人に変更登記しました。
平成21年 5月
裁判員制度スタートする。
平成21年 5月
不動産信託の登記をオンライン申請しました。
平成21年 5月
会社分割により取得した新設会社の株式を、分割会社の株主に剰余金の配当(現物)として交付する人的親切分割をしました。
平成21年 5月
特例有限会社を株式会社とした直後の吸収合併をしました。
平成21年 3月
新株予約権の行使。
平成21年 2月
株券発行会社の自己株式の消却。
平成21年 2月
自己株式交付による新株予約権の行使。
平成21年 2月
休眠根抵当権の抹消登記。
平成21年1月5日
「株式等の取引に係る決済の合理化を図るための社債等の振替に関する法律等の一部を改正する法律」が施行。
平成21年 1月
上場会社の株券発行の定め廃止の登記。
平成20年 12月
既発行の優先株式を普通株式に変更しました。
平成20年 12月
監査法人の解散。
平成20年 12月1日
公益法人改革三法が施行されました。
1.一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(法人法)
2.公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律(認定法)
3.一般社団法人及び一般財団法人に関する法律及び公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律(整備法)
平成20年 10月
法人成りによる会社設立をしました。
平成20年 10月1日
「中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律」が
施行されました。1.遺留分に関する民法特例 2.金融支援 3.相続税の課税について必要な措置 この3本柱により構成。 但し、1.については、平成21年3月1日から施行されます。
平成20年 7月
工場財団に根抵当権を設定しました。オンライン申請はできません。
平成20年 6月
商号の新設登記を申請しました。個人商人の場合、営業の種類毎に商号をもつことが可能です。
平成20年 5月
既発行株式を優先配当無議決権種類株式に変更しました。
平成20年 4月
株券発行会社同士の合併をしました。
平成20年 4月
会社分割を官報と電子公告のダブル公告でしました。
平成20年 3月1日
「犯罪による収益の移転防止に関する法律」(ゲートキーパー法)が施行されました。
平成20年 1月15日
不動産登記のオンライン申請手続きが改革され、登録免許税の軽減措置がスタートしました。
平成20年 1月
軽減された登録免許税により、某法務局受付番号第1号で株式会社を設立しました。
租税特別措置法第84条の適用により、平成20年1月1日から平成21年12月31日までの間に、オンライン申請で以下の登記を申請した場合、登録免許税額から100分の10に相当する額(5,000円を限度とする。)が控除されます。
(1)不動産登記のうち、所有権の保存及び移転登記並びに(根)抵当権設定登記。
(2)株式会社、合同会社、合資会社等の設立登記。
平成19年 11月
「株式無償割当て」の方法により、種類株式発行会社としました。
平成19年 9月
「良質な医療を提供する体制の確立を図るための医療法等の一部を改正する法律」の施行に伴い、続々と医療法人の定款変更手続を行っています。
平成19年 9月
株式報酬型ストックオプションとして新株予約権を発行しました。
平成19年 8月
100%増減資をして、債務超過の解消を一挙に図りました。
平成19年 5月1日
合併等の対価の柔軟化解禁
平成19年 4月
200人余の会員を擁する団体の有限責任中間法人を設立しました。
平成19年 4月1日
「良質な医療を提供する体制の確立を図るための医療法等の一部を改正する法律」及び「医療法施行規則の一部を改正する省令」が施行され、理事の任期について、2年を超えることができなくなりました。
平成19年 3月
昭和35年当時の不動産登記法の不備に起因した、登記簿に所有者が2名という状態を解消するため、調停による所有権抹消登記をしました。
平成19年 2月
株主割当による募集株式の発行をしました。
平成19年 2月
最初の取締役決議から効力発生日まで35日という短期間で吸収合併手続をしました。
平成19年 1月
改正された税理士法の下で、税理士法人を設立しました。
平成18年 12月
資本準備金を取り崩し、会社が自己株式を取得するミニ公開買付をしました。
平成18年 8月
担保の一つとして注目されている債権譲渡登記をしました。
平成18年 5月1日
大阪市近郊の法務局において、合同会社第一号となる会社設立ができました。
平成18年 5月1日
新会社法が施行されました。有限会社法が廃止され、新たに合同会社が誕生しました。

セミナー・相談会のご案内

「誰でもできる! 自筆証書遺言の書き方講座」
遺言を書いてみたいけれど、難しそう……そんな方はお気軽にご参加ください。司法書士 山添健志が分かりやすくご説明いたします。
ご希望の方には、講座終了後に個別相談をお受けしますので、事前にご連絡ください。
【日時】
平成28年9月1日(金)14時から16時まで
※15時30分より代表 佐井惠子も加わり、茶話会を開催します。
【場所】
佐井司法書士法人
(大阪市北区西天満六丁目7番4号大阪弁護士ビル903号)
【講師】
司法書士 山添健志
【定員】
5名
【受講料】
3,000円(顧問先様 2,000円)
参加者にはもれなく『コクヨの遺言書キット』(2,500円相当)を進呈!

(当方より、折り返しの連絡をさせていただいて、予約の完了とさせていただきます。)
☆2回連続セミナー
①知っておきたいおひとりさまの法律あれこれ
②もう認知症は怖くない~はじめて学ぶ成年後見制度~
のご報告☆
2015年1月29日、2015年2月 5日に開催したセミナーでの結果報告です。
のべ88名の参加をいただきました。
ありがとうございます。アンケートの中から、いただいた感想を紹介します。

☆相続の件は、さすが司法書士さんだと勉強になりました。出席できて幸せです。(60代)
☆講師の先生が非常に聞きやすい声と、わかりやすい内容で、理解しやすかったです。(60代 男)
☆この年になり、知らない事が多すぎます。ありがとうございます。びっくりの連続、出席させて頂けたことに感謝します。(60代)
以上、ご参加誠にありがとうございました。
☆2回連続セミナー開催☆
2015年1月29日 14:00~16:00
①知っておきたいおひとりさまの法律あれこれ
2015年2月 5日 14:00~16:00
②もう認知症は怖くない~はじめて学ぶ成年後見制度~
2回連続セミナー
クレオ大阪南主催
男女共同参画セミナーの講師としてお話をします。
無料です。
お近くの方は、是非ご参加ください。
☆親族後継者・社員後継者への株の引継ぎ方
~信託を活用した事業承継のご提案~のご報告☆
2014年11月6日(木)14:00~ 東大阪商工会議所502号室において
会社経営者を対象としたセミナーで講師をしました。
信託を使って、議決権と配当を受け取る権利に分け、後継者を
議決権行使者に指定しておくことで、遺留分を配慮しながらも
後継者が安心して経営に専念する環境を整えることができます。

11名の会社経営者の参加をいただきました。
ありがとうございます。
☆成年後見制度と遺言・相続の話
~講談で学ぼう~のご報告☆
平成25年11月12日、淀川区役所にて成年後見制度と
遺言・相続についてお話しする機会をいただきました。
法定後見・任意後見だけでなく、近年利用が増加している
保佐についても、特に力を入れてお話しさせていただきました。
たくさんのご参加ありがとうございました。
成年後見制度と遺言・相続の話
~講談で学ぼう~
代表 佐井惠子が、下記講演の第一部で成年後見制度と遺言・相続についてお話をさせていただきます。予約は必要ありません。
                  記
【日時】
平成25年11月12日(火)14時から16時まで
【場所】
淀川区役所 5階 会議室
【講師 】
第一部 司法書士 佐井惠子
第二部 講談師 神田織音氏
【定員】
150名(当日先着順)

☆淀川区役所・淀川区の地域包括支援センター合同連絡会主催
淀川区高齢者の生きがいと健康づくり総合推進会議共催
http://www.city.osaka.lg.jp/yodogawa/page/0000236570.html
夏休み 相談会
~遺言・相続・成年後見・その他~
夏休みに、日頃、気になりながら、先延ばしにしていたことを解決なさいませんか。遺言や相続の問題、成年後見などのご相談を、ゆっくりと時間をとって承ります。前日までに、ご希望の日時と簡単な内容をお問い合わせフォームからご連絡下さい。
                  記
【日時】
前半 平成25年8月12日(月)~8月13日(火)10:00~18:00
後半 平成25年8月19日(月)~8月20日(火)10:00~18:00
【場所】
佐井司法書士事務所
(大阪市北区西天満6丁目7番4号大阪弁護士ビル903号)
【内容】
遺言・相続・成年後見・その他
【費用】
30分 5,250円
☆当方より、折り返しの連絡をさせていただいて、予約の完了とさせていただきます。
寺小屋 法眞堂 第26回
‘【死】から始まる逆人生設計!’
◇あると思うな明日の我がいのち◇ の巻
◇そなえあれば憂いなし◇
ご自分の人生に前向きになってお帰りいただきます!
【遺言】【エンディングノート】【ライフプランニング】必ずいい経験をして頂きます!
佐井は、【遺言】と【エンディングノート】を担当します。
                  記
☆寺子屋勉強会のご報告☆
平成25年3月3日、寺子屋法眞堂さん主催の「死から始まる逆人生設計!」〈あると思うな明日の我が命 そなえあれば憂いなし〉の巻と題する勉強会で、【エンディングノート】【成年後見】【遺言】テーマを分担して、お話しする機会をいただきました。
年代は様々の16名。沢山のご質問をいただき、活気のあるセミナーになりました。
ありがとうございました。

佐井司法書士事務所 公開勉強会
「一般社団法人と信託・一般財団法人の可能性」
                  記
平成25年1月25日(金) 【講師】税理士 白井一馬氏(京都税理士会所属)
上記、公開勉強会は、好評の内に終了しました。
参加者の方からの感想をご紹介します。
☆遺言と成年後見の問題を回避、解決する手法として有効利用できると思った。
☆相続の案件で、一般社団法人と信託は上手く使えそうです。
☆金融機関が使うものと思っていたが、誰でも使える事がよくわかった。
☆オーナー会社への提案に役立つ。
☆信託と一般社団法人を利用した財産の承継策を検討したい。
☆信託も一般社団法人といった、まだ普及していない分野をいち早く得ることができた。

ありがとうございました。

ごあいさつ -仕事への思い-

1.私たちの会社は、笑顔を大切にします。
私たちは、ご依頼人の安心の笑顔を大切にするとともに、法人全員の、私たちも役に立っているという喜びの笑顔、協力いただいた皆様と、いい仕事ができたと共有する笑顔を大切にします。
もっと詳しく
2.私たちは、「紛争の予防」こそが最良のサービスと確信しています。
数々の裁判を身近に見聞きする中で、紛争の解決に傾ける献身的な弁護士の姿に尊敬する気持ちを持つと同時に、「私の依頼人を、トラブルの当事者にさせるような仕事をしてはいけない。」と確信しています。
(1)私たちは、愚直に仕事をすることで、登記制度に対する信頼に応えます。
(2) 同族会社の「紛争の予防」
(3)世の中が変わり、「事前規制型社会」から「事後チェック型社会」へと法律も変わってきています。
もっと詳しく
3.それでもトラブルに巻き込まれてしまったら、問題の解決に全力で取り組みます。
十分に気をつけていたとしても、トラブルに巻き込まれてしまうことはあるでしょう。佐井司法書士法人では、今、何が起こっているのか、今後どういうことが予測されるのかを説明させていただき、選択肢を示して、一緒に解決に向かって進めていきます。代理人に弁護士が必要と判断したときは、ご紹介もいたします。
もっと詳しく
4.年を重ねても、その人らしい生き方を大切に。
ホームローヤーとしての見守り契約を通じて、財産管理や家族のことなどのご相談や、法律にとどまらず、成年後見人としての活動で蓄積した情報も提供して、いつでも相談に応じられる関係を作っていくことで、お役に立ちたいと思っています。
もっと詳しく
さいごに
佐井司法書士法人のひとりひとりが、皆様方から信頼をいただき、長いお付き合いをいただけるように、そこにいてくれて良かったと思っていただける存在でありたいと思います。
どうぞ、私どもにご相談下さい。
ページ先頭へ戻る
佐井司法書士法人HPに記載されている情報の正確性については万全を期しております。当HP閲覧者がこれらの情報を参考にされて、個別の行為について、何ら責任を負いません。個別事案については必ず信頼できる法律家にご相談下さい。
個人情報保護方針 テミス通信 メディア紹介 司法書士 佐井恵子のブログ 電話でのご予約、お問い合せはこちら。06-6365-1755 対応時間 9:00〜18:00 メールのご予約、お問い合わせはこちら。 リンク集 大阪商工会議所の会員です
beyond社会保険労務士事務所